東京オリンピックは1964年10月10日から10月24日にかけて開催されたもので、2020年には東京夏季オリンピックが開催される予定になっています。

尚、1964年に開催された東京オリンピックは第18回夏季オリンピックであり、この時の記念を祝しオリンピック記念切手が発行されています。

オリンピック記念切手には東京オリンピック競技大会記念と東京オリンピック大会募金切手の2種類が在るのが特徴で、東京オリンピック競技大会記念の切手は1964年に5種類が発行されたもので、東京オリンピック大会募金切手は1961年から1964年の中で6回に分けて発行されたと言った特徴が在ります。

また、募金と言う名前が付いている事からも、寄付金が額面に加算された形で付いているのも特徴で、額面は5円になりますが募金額が5円付いているため、購入時には1枚あたり10円の支払いが必要になります。

因みに、額面と言うのは郵便料金の前払いの証明を意味しているもので、寄付金の金額と言うのは郵便料金には含まれないため、郵便物として利用する場合には5円の価値と言う事になります。

また、買取りの場合などでは額面を下回ると言われていますが、この場合も寄付金の5円と言うのは買取り査定額からは除外された形で査定を受ける事になります。

切手ブームが起きた時代と言うのは多くの人々が郵便局に開局前から並んで記念切手を購入していたものですが、切手は価値が低迷しており、買取りを利用した場合には額面よりも下回ってしまう事、中には断れてしまうケースが在ると言われています。

これはオリンピック記念切手も同じで、高く売りたいけれども額面を下回るので他の方法で処分をしようと考える人も少なく在りません。

尚、オリンピック記念切手など、切手の価値についてはこちらを参考にされるのがお勧めです。

オリンピック記念切手には東京オリンピック大会募金切手などのようにシリーズ化されているものと、単発で発行が行われてた東京オリンピック競技大会記念の2つの種類が在りますが、シリーズ化されている場合には全てが揃っている事で評価を高める事が出来ますし、バラ品よりもシート単位の方が評価を高められるなど、切手を売る時のポイントが在ります。

また、シートには同じ切手が数枚収められているタイプと、東京オリンピック競技大会記念として発行された5種類の切手が収められている小型シートなどの2つの種類が在ります。

小型シートはそのままの状態で売却する事でバラ品で売るよりも評価を高めてくれると言った特徴が在ります。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>