東京で開催されたオリンピックは1964年に開催されたもので、2020年には夏季オリンピックが東京で開催される事になりました。

これに伴い、過去のオリンピック記念切手などのコレクション品に人気が集まっていると言われています。

特にオークションの中では取引数が増えると言った現象が起きていると言われているのですが、オリンピック記念切手と言うのは、記念切手に属するものであり、発行枚数が決まっている切手と言った特徴が在ります。

郵便局に行くといつでも購入することが出来る52円切手や82円切手と言うのは普通切手に属するものであり、発行枚数が決まっていないため、在庫が無くなれば増刷を行っていつでも供給が出来るようになっているのが特徴です。

これに対し、オリンピック記念切手は完売になる事で郵便局での購入は不可能となり、どうしても購入したい場合には額面よりも高い金額を支払い、切手の専門店で購入する必要が在ります。

そのため、切手ブームが起きた時代と言うのは、郵便局が開局なる時間よりも早い時間から長蛇の列を作り、記念切手を購入する人が多くいたのです。

尚、オリンピック記念切手は切手の専門店などでしか入手が出来ないため、オークションなどでも人気を集めていると言う事になるのです。1964年に開催された時には東京オリンピック記念の切手が5種類発行されています。

当時は、5円切手、10円、30円、40円、50円と言った額面の切手が発行されており、これらの切手を1枚ずつ収めている小型シートも同時に発行されたのが特徴です。

オリンピック記念切手は、小型シートでは135円と言う額面になりますが、表紙が付いている小型シートになっており、表紙が在る状態で一つのオリンピック記念切手としての価値を持つのが特徴です。

尚、2020年には東京でオリンピックが開催される事が決まり、早くも東京五輪商戦が始まっているのが特徴で、これについてはこちらを参考にされるのがお勧めです。

因みに、切手ブームは1960年から起きたと言われており、1960年以降の切手の大半は額面を下回る価値とも言われています。

しかし、オリンピックが開催される事になった今、1964年に発行されたオリンピック記念切手はオークションなども取引数が多くなっていますし、1961年から1964年にかけて発行されたオリンピック募金切手なども人気を集めていると言われています。

どちらも、バラ品、シート、そして小型シートなどがオークションの中で取引が行われていると言います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>