Archive for the ‘オリンピック切手’ Category

東京で開催されたオリンピックは1964年に開催されたもので、2020年には夏季オリンピックが東京で開催される事になりました。

これに伴い、過去のオリンピック記念切手などのコレクション品に人気が集まっていると言われています。

特にオークションの中では取引数が増えると言った現象が起きていると言われているのですが、オリンピック記念切手と言うのは、記念切手に属するものであり、発行枚数が決まっている切手と言った特徴が在ります。

郵便局に行くといつでも購入することが出来る52円切手や82円切手と言うのは普通切手に属するものであり、発行枚数が決まっていないため、在庫が無くなれば増刷を行っていつでも供給が出来るようになっているのが特徴です。

これに対し、オリンピック記念切手は完売になる事で郵便局での購入は不可能となり、どうしても購入したい場合には額面よりも高い金額を支払い、切手の専門店で購入する必要が在ります。

そのため、切手ブームが起きた時代と言うのは、郵便局が開局なる時間よりも早い時間から長蛇の列を作り、記念切手を購入する人が多くいたのです。

尚、オリンピック記念切手は切手の専門店などでしか入手が出来ないため、オークションなどでも人気を集めていると言う事になるのです。1964年に開催された時には東京オリンピック記念の切手が5種類発行されています。

当時は、5円切手、10円、30円、40円、50円と言った額面の切手が発行されており、これらの切手を1枚ずつ収めている小型シートも同時に発行されたのが特徴です。

オリンピック記念切手は、小型シートでは135円と言う額面になりますが、表紙が付いている小型シートになっており、表紙が在る状態で一つのオリンピック記念切手としての価値を持つのが特徴です。

尚、2020年には東京でオリンピックが開催される事が決まり、早くも東京五輪商戦が始まっているのが特徴で、これについてはこちらを参考にされるのがお勧めです。

因みに、切手ブームは1960年から起きたと言われており、1960年以降の切手の大半は額面を下回る価値とも言われています。

しかし、オリンピックが開催される事になった今、1964年に発行されたオリンピック記念切手はオークションなども取引数が多くなっていますし、1961年から1964年にかけて発行されたオリンピック募金切手なども人気を集めていると言われています。

どちらも、バラ品、シート、そして小型シートなどがオークションの中で取引が行われていると言います。

オリンピック記念切手の一つに東京オリンピック大会募金切手が在ります。

この切手は第一次から第六次までの6度に分けて発行が行われたもので、第一次は1961年10月11日に3種類が発行され、第二次は1962年6月23日に3種類、第三次は1962年10月10日3種類、第四次は1963年6月23日に3種類、第五次は1963年11月11日に4種類、第六次は1964年6月23日に4種類がそれぞれ発行された記念切手になります。

第五次と第六次だけは4種類の発行になっているのが特徴ですが、これらの切手の額面は5円+5円と言った具合に、額面が5円に対し寄付金が5円加算された形で発行されたと言った特徴が在ります。

また、これらの東京オリンピック大会募金切手には小型シートも発行されているのが特徴で、第一次から第六次までに発行された切手がそれぞれ3枚若しくは4枚収められたものが1964年8月20日に発行されています。

尚、1964年には東京オリンピック競技大会記念と言うオリンピック記念切手の発行も行われており、5円切手は1964年9月9日に先立って発行されたもので、1964年10月10日には10円、30円、40円、50円の4種類が発行され、5種類の東京オリンピック競技大会記念切手を表紙付きの小型シートに収め発行されており、小型シートは表紙が付いている状態での価値となります。

オリンピック記念切手の中でも1964年に発行された東京オリンピック競技大会記念の小型シートには、5円、10円、20円、30円、50円の5枚の切手が収められており、額面としては135円になります。

また、この東京オリンピック競技大会記念の小型シートは表紙が付いており、表紙と揃っている事で価値を持つのが特徴ですが、それぞれの切手のシートが揃っていたり、1961年から1964年にかけて発行された東京オリンピック大会募金切手のシートや小型シートと併せてオリンピック記念切手とした方が切手買取りでは高く売れる事も在ると言われています。

尚、1964年の東京オリンピック競技大会記念の価値についてはこちらを参考にされるのがお勧めです。

切手にはバラ品とシートの2つの種類が在り、シートから切り離されたものがバラ品となります。

東京オリンピック競技大会記念の小型シートには5種類の切手が収められていますが、この5種類の切手は小型シートに収められている事で価値が在り、ばらしてしまうと値打ちはバラ品の切手と同じものとなるため、売る時には表紙が付いた状態で売ることが大切です。

また、東京オリンピック大会募金切手の小型シートなどの場合は、第一次から第六次までが揃っている方が高い評価を貰う事が出来ます。

東京オリンピックは1964年10月10日から10月24日にかけて開催されたもので、2020年には東京夏季オリンピックが開催される予定になっています。

尚、1964年に開催された東京オリンピックは第18回夏季オリンピックであり、この時の記念を祝しオリンピック記念切手が発行されています。

オリンピック記念切手には東京オリンピック競技大会記念と東京オリンピック大会募金切手の2種類が在るのが特徴で、東京オリンピック競技大会記念の切手は1964年に5種類が発行されたもので、東京オリンピック大会募金切手は1961年から1964年の中で6回に分けて発行されたと言った特徴が在ります。

また、募金と言う名前が付いている事からも、寄付金が額面に加算された形で付いているのも特徴で、額面は5円になりますが募金額が5円付いているため、購入時には1枚あたり10円の支払いが必要になります。

因みに、額面と言うのは郵便料金の前払いの証明を意味しているもので、寄付金の金額と言うのは郵便料金には含まれないため、郵便物として利用する場合には5円の価値と言う事になります。

また、買取りの場合などでは額面を下回ると言われていますが、この場合も寄付金の5円と言うのは買取り査定額からは除外された形で査定を受ける事になります。

切手ブームが起きた時代と言うのは多くの人々が郵便局に開局前から並んで記念切手を購入していたものですが、切手は価値が低迷しており、買取りを利用した場合には額面よりも下回ってしまう事、中には断れてしまうケースが在ると言われています。

これはオリンピック記念切手も同じで、高く売りたいけれども額面を下回るので他の方法で処分をしようと考える人も少なく在りません。

尚、オリンピック記念切手など、切手の価値についてはこちらを参考にされるのがお勧めです。

オリンピック記念切手には東京オリンピック大会募金切手などのようにシリーズ化されているものと、単発で発行が行われてた東京オリンピック競技大会記念の2つの種類が在りますが、シリーズ化されている場合には全てが揃っている事で評価を高める事が出来ますし、バラ品よりもシート単位の方が評価を高められるなど、切手を売る時のポイントが在ります。

また、シートには同じ切手が数枚収められているタイプと、東京オリンピック競技大会記念として発行された5種類の切手が収められている小型シートなどの2つの種類が在ります。

小型シートはそのままの状態で売却する事でバラ品で売るよりも評価を高めてくれると言った特徴が在ります。

2020年には東京でオリンピックが開催が決定していますが、2020年に開催されるのは第32回オリンピック競技大会と言う正式名称が在ります。

また、今から50年前に開催された東京オリンピックは第18回夏季オリンピックで、オリンピックの開催に向けてオリンピック記念切手が発行されました。

因みに、オリンピック記念切手には大きく別けて2つの種類が在るのをご存知でしょうか。

一つは募金が付いている切手で、こちらは1961年に第一次が3種類、翌年の1962年には2回に分けて第二次と第三次としてそれぞれ3種類ずつの計6種類が発行されており、1963年には第四次として3種類、第五次として4種類の計7種類、そして1964年のオリンピック開催前の1964年6月23日には第六次として4種類のオリンピック記念切手が発行されており、1961年から1964年の中で、合計20種類の記念切手が発行された形になります。

尚、これらの切手は全て額面が5円になりますが、募金と言う形で別途5円の支払いが必要になるため、切手を購入する時には10円の支払いが必要になります。

また、寄付をする形になるお金なので、郵便料金としては5円としての切手になるため、10円の支払いを行っても郵便料金として利用する事が出来るのは額面の5円と言った特徴が在ります。

募金が付いているオリンピック記念切手は全部で20種類になりますが、第一次から第六次の中で発行された切手を小型シートに収めたものも在ります。

これは第一次から第四次までのそれぞれ3枚ずつを小型シートに収めた4種類と、第五次及び第六次のそれぞれ4枚ずつを小型シートに収めた2種類の、計6種類の小型シートです。

この小型シートによるオリンピック記念切手は第六次の切手が発行された2か月後の1964年8月20日にまとめて発行されたもので、同じ切手が小型シートの中に3枚もしくは4枚収められていると言った特徴が在ります。

尚、東京オリンピック募金切手についてはこちらを参考にするのがお勧めですが、オリンピック記念切手の募金は、寄付金付き切手として発行されたもので、額面が5円と言う事からも切手の価値としては5円になります。

最近は切手買取利では額面を下回る事が多いなどと言われていますが、記念切手の多くは額面以下、もしくは取引を断れてしまう事も在りますが、小型シートなどの場合は全シリーズが揃っている事で額面よりも高い値段で買取りして貰えることも在る為、全てが額面を下回るわけではありませんし、バラ品では買取りを断れてしまう場合でも、小型シートやシート単位であれば買取りが可能と言うお店も在ります。